Orthodontics Merit

HOME / 矯正治療・症例写真

矯正治療・症例写真

歯並びが悪いと…

顎の正常な成長、発育が阻害される
食べ物がよく噛めない
言葉が明瞭でなくなる
虫歯、歯周病になりやすく、歯の寿命が短くなる
口臭の原因になる
口元に自信がなく、劣等感を感じることがある


このようなことが起こる可能性があります。
矯正治療は歯並びを整え、口腔内環境が良くなることで見た目を美しくするだけではなく、
いつまでも健やかな人生を送っていただくためのものだと考えます。


フォレスト矯正歯科クリニックのスマイルポイント


日本矯正歯科学会認定医による確かな治療

日本矯正歯科学会認定医が治療を行うため安心して治療を受けて頂けます。


認定医とは日本矯正歯科学会が認めた大学の付属病院や矯正歯科医療機関において5年以上にわたり、
臨床経験を有し、学会誌に矯正臨床に関する報告を発表し、審査に合格した者に与えられます。


また5年ごとに更新が必要となり、学術大会への参加や発表、学術誌に報告を行うことが義務とされております。
治療期間、治療費のかかる矯正治療だからこそ、料金が安いことや単に近所ということで、安易に病院を選ばず、
安心できるところで治療うけていただきたいと考えます。


デジタルレントゲンのためX線被爆量を大幅に低減

デジタルレントゲンによるレントゲン撮影のためX線被爆量を大幅に低減でき安心です。


矯正治療を始めるための検査や治療中に定期的に撮影されるレントゲン撮影。
フォレスト矯正歯科クリニックではデジタルレントゲンを導入しておりますので、通常のレントゲンよりもX線被爆量を
大幅に低減することができます。


レントゲンの撮影時には、被爆を最小限にとどめるために鉛で覆われた防護エプロンを必ず着用して頂いています。

成人矯正・インビザライン(マウスピース型矯正装置)について

 
症例写真

【八重歯、下の前歯のガタつきが主訴で治療】

症例写真 矯正治療後 症例写真

【八重歯、真ん中から2番目の歯が下の歯より中に入り込んでいることが主訴で治療】

症例写真 矯正治療後 症例写真

【前歯のガタつきが主訴で治療】

症例写真 矯正治療後 症例写真

【前歯、奥歯のガタつきが主訴で治療】

症例写真 矯正治療後 症例写真

【上下の前歯のガタつき、上の歯が出ていることが主訴で治療】

症例写真 矯正治療後 症例写真

【受け口が主訴で治療】

症例写真 矯正治療後 症例写真

キレイな歯並びにするにはどんな装置を使って治療するの?

3際からの受け口治療(ムーシールド)

症例写真 矯正治療後 症例写真
ムーシールド

【ムーシールド】
取り外しができ、就寝時のみ使用する装置です。

受け口について

  • 受け口は永久歯が生える時に自然に治ることがありますが、かなり少数です。
  • 受け口をそのままにしておくと、下の顎の骨が過成長しやすい状態が続きます。
  • 受け口の場合、サ行・タ行の発音が特徴的なしゃべり方となり、食べ方にも問題が現れ、下の顎がでた顔貌のため審美的な門題から心の負担が出てくる場合があります。

ムーシールドについて

  • 上口唇の圧力を排除し、低い位置にある舌の位置を改善し、お口の周りの筋肉のバランスを整えることで、受け口を治します。
  • 取り外しができ、就寝時のみ使用します。
  • 使用期間は約1年をめどに使用します。(その後、定期検診が必要です)
  • 乳歯の受け口を治しても、永久歯が必ず正しく生えてくるとは限りません。
    その場合、新たに矯正治療が必要となる場合があります。

3歳児健診で受け口を指摘されたら、一度ご相談下さい。その際には、受け口治療の相談希望とお伝え下さい。